Blog&column
ブログ・コラム

不動産買取のメリットとデメリットについて

query_builder 2022/11/03
コラム
46
不動産を売却する方法には、「買取」と「仲介」があります。
どちらにもメリットとデメリットがあり、人によって向き不向きが異なります。
そこで今回は、不動産買取のメリットとデメリットについて解説していきます。

不動産買取のメリット
■短期間で売却できる
「仲介」で不動産を売却する場合、買主が見つかるまでに3~6か月ほどかかるのが一般的です。
一方、「買取」は買主を見つける必要がないので、早くて数日で売却することができます。
すぐにでも不動産を売却したいという人にとっては、大きなメリットと言えます。

■仲介手数料がかからない
「仲介」で不動産を売却する場合は、不動産会社が間に入ることで仲介手数料が発生します。
一方、「買取」は直接不動産会社に買い取ってもらうので、仲介手数料はかかりません。

■売却することを近隣住人に知られるリスクが低い
「仲介」で不動産を売却すると、買主を探すために販促活動を行います。
そのため、近隣住人に不動産を売却したことが知られる可能性が高いです。
一方、「買取」は不動産会社とのやり取りのみなので、近隣住人に知られることなく不動産を売却することができます。

不動産買取のデメリット
不動産買取のデメリットは、買取価格が相場よりも低いということです。
市場価格に比べて1~3割ほど下がると言われているので、できるだけ高く売却したいという人には向いていないでしょう。

▼まとめ
不動産買取のメリットは、
・短期間で売却できる
・仲介手数料がかからない
・売却することを近隣住人に知られるリスクが低い
ということです。
一方、買取価格が相場よりも低いというのがデメリットとして挙げられます。

NEW

  • 神戸市須磨区で建築設計と不動産の日々勉強中です|株式会社すま建築と福祉の研究所

    query_builder 2021/10/20
  • 不動産を相続した際の名義変更について

    query_builder 2022/12/05
  • 不動産買取のメリットとデメリットについて

    query_builder 2022/11/03
  • 不動産購入する前の内見で見るべきポイント

    query_builder 2022/10/01
  • 不動産の探し方について

    query_builder 2022/09/15

CATEGORY

ARCHIVE