Blog&column
ブログ・コラム

不動産購入する前の内見で見るべきポイント

query_builder 2022/10/01
コラム
45
中古の不動産購入する前は、ほとんどの場合で内見をします。
内見の際に建物内だけを見ている人が多いですが、それだけでは購入してから後悔してしまうリスクが高いです。
そこで今回は、不動産購入する前の内見で見るべきポイントについて解説していきます。

不動産購入する前の内見で見るべきポイント
■建物の構造部分
建物の構造部分は、内見するうえで最も重要なチェックポイントです。
壁や柱・屋根などに損傷がないか、損傷があったとしてもリフォームで修復できるかなどを確認しましょう。
また、築年数が古い建物は耐震性のチェックも忘れず行いましょう。

■設備や内装
設備や内装は基本的にリフォームできれいにすることができるので、汚れなどはそれほど気にしなくて良いでしょう。
防犯設備や間取りなど、条件に合っているか確認することが大切です。

■周辺環境
内見の際に見落としがちなのが、周辺環境です。
周辺住民や利便性・交通環境などを確認せずに住み始めると、後にトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
そのため、内見の際は必ず周辺環境をチェックしましょう。

▼内見する際のポイント
内見する際に、何を基準に見ればいいかわからないという人もいると思います。
そうならないために、物件選びで譲れない条件を明確にしておくことが大切です。
そうすることで、内見である程度候補を絞ることができ、効率的に内見できるでしょう。

▼まとめ
不動産購入する前の内見で見るべきポイントは、建物の構造部分・設備や内装・周辺環境の3つです。
事前に譲れない条件を明確にしておくことで、効率的に内見を進めることができるでしょう。

NEW

  • 土地の有効活用

    query_builder 2023/02/17
  • 神戸市須磨区で建築設計と不動産の日々勉強中です|株式会社すま建築と福祉の研究所

    query_builder 2021/10/20
  • 不動産売却の流れについて解説

    query_builder 2024/05/03
  • 不動産売却で高く売る方法についてご紹介

    query_builder 2024/04/01
  • 不動産売却の必要書類について解説

    query_builder 2024/03/02

CATEGORY

ARCHIVE