Blog&column
ブログ・コラム

不動産の相続トラブルを防ぐためのポイント

query_builder 2022/08/01
コラム
41
相続の中でもとくにトラブルになりやすいと言われている不動産
不動産は現金のようにきっちりと分けることができないので、トラブルが起こりやすいのです。
そこで今回は、不動産の相続トラブルを防ぐためのポイントについて解説していきます。

不動産の相続トラブルを防ぐためのポイント
■遺言書を作成する
遺言書がある場合は、基本的に遺言書に沿って相続が進められます。
この場合は比較的相続トラブルになる可能性が低いですが、遺言書がない場合は遺産分割協議によって不動産を分割することになります。
そのため、相続人全員が納得するまで話し合う必要があり、その中でトラブルになることが多いのです。

■相続人になる予定の人と話し合う
不動産の相続を考えている場合は、事前に相続人になる予定の人と話し合っておくのがおすすめです。
相続人が不動産の相続を希望しているか、どのように分割するかなどを話し合っておくことで、相続が発生した場合にトラブルになる可能性が低くなるでしょう。

空き家対策をする
もし対象の不動産空き家になる場合は、相続人が空き家のリスクを把握しておくことが大切です。
そのまま不動産を放置する人も多いですが、そうすると税金の支払いや建物の老朽化などさまざまなリスクがあります。
そういったリスクを把握しておくことで、空き家になった場合に早急に対応できるでしょう。

▼まとめ
不動産の相続トラブルを防ぐためには、遺言書の作成・相続人になる予定の人との話し合い・空き家対策などが必要です。
相続物件の維持にお困りの方は、ぜひ一度弊社にご相談ください。

NEW

  • 神戸市須磨区で建築設計と不動産の日々勉強中です|株式会社すま建築と福祉の研究所

    query_builder 2021/10/20
  • 不動産の相続トラブルを防ぐためのポイント

    query_builder 2022/08/01
  • 使う見込みのない不動産を相続したときの対策について

    query_builder 2022/07/15
  • 良い不動産会社の選び方とは

    query_builder 2022/07/01
  • 不動産業界における「先物」の意味とは?

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE