Blog&column
ブログ・コラム

不動産取引の買取と仲介の違いを解説

query_builder 2022/03/08
コラム
30
不動産取引において「買取」と「仲介」にはどのような違いがあるのでしょうか。
どちらを選択するべきか迷っている方もいらっしゃいますよね。
ここでは買取と仲介の違いについて簡単に紹介します。
これから不動産取引の予定があるなら、ぜひ内容をご確認ください。

▼買取と仲介の違い
不動産取引において、買取と仲介の違いは以下の通りです。

・買い手
・売却に必要な期間
・売却価格

買取は不動産会社、仲介は個人が買い手になります。
不動産会社による買取はすぐに手続きが行われますが、仲介では買い手が見つかるまで時間が掛かるのが一般的です。
買取は仲介よりも売却価格が下がります。

■買取と仲介はどちらがいいのか
価格は相場よりも下がってしまうものの、早めに不動産を売却したいと考えているなら不動産会社による買取が便利です。
時間が掛かっても高く売りたいと考えているなら、個人の買い手を探す仲介を利用すると良いでしょう。
それぞれの状況に合わせて適した不動産の売却方法を選んでくださいね。

▼まとめ
買取と仲介の大きな違いには「買い手・売却に必要な期間・売却価格」が挙げられます。
もし不動産を売却したいと考えているのなら、自分自身の状況に合わせて適した方法を選びましょう。
神戸市須磨区周辺での不動産売却なら、多数の実績を有する「株式会社すま建築と福祉の研究所」がご依頼を承ります。
お客様の状況に合わせたベストな方法を提案しており買取も可能ですので、ぜひ弊社までご相談ください。

NEW

  • 神戸市須磨区で建築設計と不動産の日々勉強中です|株式会社すま建築と福祉の研究所

    query_builder 2021/10/20
  • 不動産の相続トラブルを防ぐためのポイント

    query_builder 2022/08/01
  • 使う見込みのない不動産を相続したときの対策について

    query_builder 2022/07/15
  • 良い不動産会社の選び方とは

    query_builder 2022/07/01
  • 不動産業界における「先物」の意味とは?

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE